フリーランスの収入アップには営業と交渉

システムエンジニアがフリーランスへと転職したときの苦労は収入面でしょう。企業に勤めている場合は仕事量に関係なく、一定の給料が支払われます。しかし、フリーランスの場合は自分がこなした仕事によって収入が変化します。

収入を増やすためには仕事量を増やす働きを行わなければならないところにも苦労があります。仕事量を増やすという行動への苦労を軽減する方法として人脈を広げておくことが効果的です。自分が働いていた企業や勤めていた頃に取引をした企業への営業を行うことで仕事を請け負える量を増やせます。同業者が集まるようなイベントに参加して人との繋がりを広げていくのも良い方法でしょう。

多くの仕事をこなしていくことに苦労を感じている場合には、高単価な仕事を優先的に獲得すると良いです。高単価な仕事を請け負うためには交渉術を身に付けておく必要があります。取引先との交渉を上手く進めることができれば1つの仕事に関する単価が上がる可能性があるでしょう。

高単価な仕事を請け負う方法として技術力の向上も効果的です。IT業界では技術の移り変わりが激しく、常に新しい技術を追い求めておくことが必要になります。そのため最先端の技術を身に付けておけば、様々な企業からの依頼が増える可能性が高いでしょう。最先端の技術を持っていることに対する評価は高くなるため、その技術を駆使した仕事に関して支払われる金額は高くなります。
このように仕事量を増やすか、1つの仕事への単価を上げることによって収入アップが期待できます。