収入重視で働くエンジニアのキャリアパス

システムエンジニアに転職した人を中心として、IT業界で働こうと考えた理由が収入を上げたいからというのはよくある理由です。システムエンジニアは技術を持っている専門家として、一般の職種に比べると年収は高めになっています。

しかし、収入重視で働きたい人には満足ではない場合も多く、将来的にはもっと稼げる働き方をしようと高みを目指していくことも珍しくありません。その典型例として選ばれるキャリアパスがITコンサルタントになる道です。システムエンジニアとして上流工程を主に経験するとクライアントとのコミュニケーションスキルや、仕様書などのライティングには長けていきます。

基本的にシステムを使って何が可能かを考えられるノウハウも身につくので、応用力があればITコンサルタントになるための基本的な素養が身につくのが特徴です。キャリアパスとしてのITコンサルタントへの転職は、システムエンジニアとして長く活躍してきたベテランが選ぶことが多いものであり、上流工程を極めた人材ほど転職してからも成功を続けています。

ITコンサルタントになると成果に応じて報酬があったり、ノルマ制になっていたりするため、クライアントを勝ち取るのにもモチベーションを持ちやすく、収入を上げたいという人にとって魅力的な働き方となっているのも事実です。その魅力に駆られてシステムエンジニアとして働いている間に徹底して上流工程に携わり、転職の準備をしている傾向があります。